◯たのしい家ごもり◯

インドア、ズボラ、人見知りな女がシンプルライフをめざすブログです。夫と二人暮らしで派遣社員。お酒と旅行が好き。一番断捨離したいのは贅肉です。

実家の将来を憂う

実家に帰省して5日目。
こんなに実家にいるのも久しぶりです。まだまだ数ヶ月過ごすのですが(^^;)

母の収入がいったい毎月いくらくらいあるのか心配なのですが、お金に困っている様子はありません。
父が公務員として長年働いてきたおかげだと思います。遺族年金で月12〜15万くらいはもらえているのかなあ。

それだって、持ち家だから家賃はないけれど、娘1人と暮らして、光熱費、食費、車3台の維持費、保険料、固定資産税、娘たちにお小遣いを渡したりしてるし、余裕があるとは思えません!!どこからお金を捻出してるの?お父さんの生命保険だってこんなに使ってたらもうないでしょと思ってしまいます(>_<)
以前に、お金を残しても仕方ないから皆と旅行などして思い出を作りたいというようなことを言っていました。
使い切るつもりか…いや、母のお金なんだから使い切ったって問題ないんですけど。

でも、母が亡くなったら私たち姉妹でこの実家を維持していかないといけない。
中はリフォームをして住空間は快適ですが、昔の家なので外壁もいまどきのサイディングなどではなく杉の板張りで、もちろん瓦屋根。かっこいいんですがメンテナンスもお金がかかります(>_<)
庭も広く、たくさんの木があって、年に数回、庭師さんを頼んでいます。それだってバカにならない金額。

母が亡くなったらやらなきゃいけないことを今から考えておかないと…
お金は大事ですから。

・車を売る
・固定電話の解約
・電気のアンペア数下げる
・二世帯で光熱費のメーターが分かれてるけど、統合できないか確認する(現状、基本料金がそれぞれかかっている状態なんです。もったいないですよね)


…このくらいしか思いつかない(>_<)

うちの姉妹はみんなお金を稼ぐ能力が低いので、実家の将来には不安しかないです;;

私も結婚できたおかげで経済的に安定しましたが、一人暮らしのときはギリギリの生活を送ってきました。親も心配してたまにお小遣いをくれたり、結婚が決まった時に残りの奨学金を一括返済してくれたり…なので、私には他の姉妹にも強く言う権利はないです(>_<)

ほんと、どうするんだろう;
親の車は売るとして、妹たち2人が使用している車の維持費は自分たちでどうにかしてほしいというのが正直なところです。でも、そんなの無理だってのもわかります。ここには仕事がなさすぎます。

妹の1人はパートでアパートに住んでいますが、そのアパート代や光熱費も母に出してもらってるんですよ…なんのために?なんのために親にお金を出させて一人暮らししてるの?母が亡くなったら、そんな無駄金は出せないよ。でも母は生きているかぎり、このお金を出すでしょう。少しでも自分のそばにいてほしいからです。お金を出して、県内に引き留めているのです。

滑稽な親子関係ですよね。
母は、子離れできそうもありません。でも娘たちもまた、母への同情や罪悪感に囚われ、そして経済的に親に頼らざるを得ないんです。
どうしてもこの田舎から抜け出したければ、アルバイトでもしてお金を貯めて、実家に母1人になってもそれはしようがないと心を鬼にして出ていけばいい。

私も何年も悩んで悩んで心がちぎれそうな思いをして田舎を出て結婚しました。夫に出会えたおかげで、運良くこの負のスパイラルから抜け出せた。

私が田舎に残れば妹たちは都会へ出て行きやすかったでしょう。私さえ残れば…と自己犠牲の気持ちでいましたが、いま考えると心底バカだったと思います。
親のために結婚相手を諦めるなんて本当に馬鹿げています。結婚したいと思える人なんて、一生に一回出会えるかどうかです。一生後悔していただろうと思います。


ついつい脱線してしまった。
男が生まれたからって田舎にずっといてくれるとは限らない。田舎には仕事がありません。ずっといてくれたとしても息子が結婚できるかもわからない。それでも母は、いまでも息子がいたらと考えることが多くあるんだろうな。30年ほど、どんな思いで過ごしてきたのかなあ。

張り止めのリトドリン使用停止??

里帰り先の病院へ行き、リトドリンを服用していることを伝えると、リトドリンはやめて黄体ホルモンを補充することで早産を防止しましょうとのこと。

リトドリンはだんだんと減らしていくことになりました。転院前にリトドリンたくさんもらったのに…(^^;)
まあ、お守りがわりに持っていてたまに飲むのもいいかもしれない。


黄体ホルモン補充というのは具体的には、筋肉注射(合成ホルモン)か膣錠(天然ホルモン)だそうで、天然ホルモンのほうがいいそうです。
筋肉注射は週に一回通院、膣錠は1日1回。
膣錠は保険が効かないらしく、24日ぶんで8,000円くらいかかるとのこと。
迷いましたが、家でできる膣錠のほうが気楽かな…と思い膣錠にしました。筋肉注射怖いし…。まあ膣錠も直接指で入れるの抵抗ありますが、こっちのほうがいいと先生に言われたらそっちにしようと思いました。

その薬がこちら
ウトロゲスタンという名前です。
不妊治療に使われる薬なんだそうです。
f:id:munimunihakase:20180417163337j:plain
ドキドキしながらいざやってみると、膣錠はするっと入りました。よかった。

いやー、妊娠中ってお金かかるなあ(^^;)
傷病手当金もらえて本当に助かる。

あ、やっぱりね 妊娠中なのね

いとこの奥さんもいま妊娠していて私の1ヶ月前に生まれるらしい。
正直、やっぱりね と思いました。

普通の人は、結婚して1年くらいで出産になるのね…

いま、妊娠しててよかった。。
妊娠してなかったら心が荒んでいたと思います。


まだ1人目も生まれていないのに気が早すぎますが、2人目の子作りを考えると憂鬱です。。夫の操縦はとても難しいです。

母に性別を伝えたら

里帰り先の病院にて、母も一緒にエコーを見たりしました。
その際に、性別は聞いてますか?と言われ、はいと答えると母は、え?と。
あ、言ってなかったっけ?男の子だよと言うと、「よかった…!!うちは女ばかりで…」と。
帰りの車で「怖くて性別を聞けなかった。男の子で、お父さん、お爺ちゃんが喜ぶよ」と言っていました。
うちの父も祖父ももう亡くなっています。


母は、跡取りの男の子を授かれませんでした。
まあ、うちはど田舎ですので男の子を産んだからといって外に出て行くことだって充分ありえるんですけど。
跡取りを望まれる家庭で男の子を産めなかったことは母にとって無念であり続けていると感じます。今でも闇を感じる時があります。うちは男手がないから…と口にするとき、切なそうです。せめて、まだ父が生きていたら…と、何度思ったでしょうか。母は私の何倍くらいそれを願ったんだろう。。


いまどきは女の子のほうが人気がありますが、母の時代はそうではなかったし、うちはそれなりに歴史のある家でしたし、おじいちゃんは早くに亡くなるし、お父さんも亡くなり、婆さんはアレだし(とても強烈な祖母でした…)、いとこたちは次々と子供を産んだり結婚したりおじの家はどんどん賑やかになるのにうちは私の結婚以降、明るい話題はなく年月が過ぎ…

母は何年も何年も苦しいつらい思いをして生きてきたんだろうなと思うと改めて悲しくなりました。泣けてきます…

やっと、この家に明るい話題をつくることができて本当によかった。


それでも、私は私の人生を全うすることが一番大切。そこを忘れて誰かのために生きてしまうと、器の小さい私では、うまくいかないときにその誰かのせいにしてしまいます。夫と自分でつくる家族の幸せを一番大切にして生きていきたい、そうしなければならないと思っています。
その結果でもって母を幸せにすることができたらいいなと思います。

26w 里帰り完了

昨日、里帰りしました。
義両親と義妹が家まで出発の見送りに、夫が羽田まで車で送迎、妹が羽田まで迎えに来てくれました。
たくさんの人が赤ちゃんを待ってくれている。
この子を頑張って健康に産みたい!!と思いました。

遅い昼ごはんは妹とガストで
f:id:munimunihakase:20180416152419j:plain

夜ごはんは、母が鯛を焼いてくれていた(笑)
そしてお赤飯(笑)
f:id:munimunihakase:20180416152709j:plain

そして今日、さっそく里帰り先の病院を受診してきました。
里帰り先の地元には産婦人科がふたつあり、どっちにしようかなーと思っていましたが、ネット情報によりY病院に決めました。こちらは長年、無痛分娩をしてきた実績があることが決め手でした。もう片方のほうも無痛分娩を行っているのですが、昨年に無痛分娩を始めたばかりだったので。

初診ということもあり、長い時間診察で話してくださいました。横浜の病院ではこんなに長く話を聞いてもらったこと&話してもらったことない…(^^;)
先生はとても信頼できそう!よろしくお願いします!


お昼ご飯は、おなじみのお店で。
f:id:munimunihakase:20180416152339j:plain
母と、妊婦生活の話や出産、育児の話をしました。
なんだか…もっと早く、こうなりたかったな…と思いました。お母さん、待たせてごめんね。

26週突入 明日、帰省します

夫は昨日、会社でトラブルがあったようで「飲まなきゃやってられねえ」と飲んで帰ってきて、今日はずっと寝室にこもっています。

私が帰省すると寂しくなるからと、今日仕事だったのを休みにすると週なかばに言っていたので嬉しかったです。
だけど今日はずっと部屋にいて…

少し寂しいけど、仕事のことは私にはわからないし何もしてあげられない。
私にできることは穏やかでいることだけなので。

明日、空港に送ってもらう予定でしたが、もしかしたら仕事が入るかもしれないし、難しそうなら遠慮しておこうと思います。タクシーでS駅まで行って、そこから空港リムジンバスに乗ればいい。

ああ、明日の昼には夫とお別れです。少なくとも3ヶ月は顔を見ることができないのか。電話だって、多忙な夫にはきっと難しい。

3月の給与明細公開!

初めての給与明細公開です
紙ではなく派遣会社のマイページに見に行ってます。

じゃーん
f:id:munimunihakase:20180411141036p:plain

に、2000円わろたw

というのも、3月は3日から会社へ行かなくなってしまったため、2日間しか仕事に行っていません。。

傷病手当金の待機期間3日間を有休に充てようかと思ったのですが、切迫流産と診断されたのが金曜日だったので、土日は有休が使えず、待機期間3日目の月曜日だけ有休使用しました。

そのため、3月の稼働日は3日間(-_-)
当然ながら税金は引かれる。
2000円もやむなし!!